teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


海外へプレゼントに

 投稿者:まゆぞうメール  投稿日:2009年 7月23日(木)11時49分41秒
  はじめまして、フロリダの文通友達(アメリカ人)がいるんですが、英語落語をプレゼントしようかと思ってます。落語で世界を笑わすのCDブックは、これはいいなと買ったんですがDVDも買おうかと思ってます。でも日本のDVDが海外では使えないのもあるみたいです。
以前、日本のDVD 子供用のアニメを送りましたがデッキが対応してなくてみれなかったそうです。
 
 

関東での講演

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2009年 7月16日(木)15時54分46秒
  この夏は、しばらく関西方面での講演・公演が続きます。関東での講演は一般公開していないものも多く、公開している講演はちょっと先まで一杯のようです・・・。ご興味をお持ちのテーマによりますが、10月21日にビジネスとユーモアのテーマで都内で講座があります(文京学院大学にて)。これなら、まだ空きがあるとのことです。  

講演に関する質問について

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2009年 7月16日(木)15時50分55秒
  これまたお返事が遅くなってすみません。サインプレートの「故障中」や「猛犬注意」は、実際に使っていらっしゃる方が何人かいらっしゃるということのご紹介です。その方々の職場では良い雰囲気で受け入れられているので、使い続けているのだと思います。やはり、個人差がありますので、ご自分の性格や職場の雰囲気に合ったものをピックアップしていただいて、お使いいただければ、と思います。サインプレートは、何百種類とあります!
また、男女の異文化はもちろん、生物としての性差からくるものと考えられています。古代から、狩りに出た男性は攻撃性と必要最低限の情報交換をすることに長け、男性が狩りに出ている間、家を守る女性は長時間女性と子供だけで村に居残るので、長時間おしゃべりをし人間関係を円滑にする話術を得た、と言われています。文化とは、長い歴史、社会、その中での役割、など多くの要素から成り立っていると思われますので、性差も文化論の一部です。ご質問にお答えできたでしょうか?
 

花嫁修業

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2009年 7月16日(木)15時32分27秒
  かりんさん、お返事遅れてすみません!「花嫁修業」は20分弱くらいです。でも、時間制限があるのであれば、好きなところだけ残して、そうでもない部分をカットして短縮バージョンでやってみてはいかがでしょうか?  

関東での講演(?)

 投稿者:FAN  投稿日:2009年 7月16日(木)06時36分51秒
  今年、関東での講演の予定はございますか?  

本日の講演について

 投稿者:高崎太郎  投稿日:2009年 7月10日(金)23時01分24秒
  久し振りに笑顔の輝いている方の講演をお聞きしました。ありがとうございます。とても楽しかったです。1時間半があっという間に過ぎ去りました。

割りばしで笑顔をつくるのは、簡単ですが継続が困難。すべて継続ありきが、成功の鍵ですね。

さて、講演でちょっと気になったこと。
故障中 これは、逆に故障ばかりしていて、ダメの表示にとれます。笑いとは逆と思う。
狂犬  の表示も、怒っているなら自覚してほしい。と取れます。
ユーモアとしての理解よりも、本人の自覚の問題と取れると思います。
こんなコメントをする私は、ユーモアがないのかも。
最後に,異文化で男と女の話。これは、異文化とうよりも、根本的に違う性の問題と思います。女性は、常に自然のまま、感情のまま。男は、自然に還るのは、常に闘っている時と女性を求める時。文化論とは違うと思います。

いかがでしょう。
 

初めまして

 投稿者:かりん  投稿日:2009年 7月 1日(水)03時14分46秒
  初めまして。関西の大学で落語研究会に所属しております、かりんと申します。
今度、既存の古典落語を英訳したものではなく、英語落語オリジナルのものを演じたいと思っており、今は一番「Bridal Traning」に興味があります。
だいたいどれくらいの長さなのか、教えていただけないでしょうか?
CDやDVDもでていますが、あまりに長すぎ・短すぎると、演じることができないので、購入するにできない状態です。
よろしくお願いいたします。
 

英語落語のコミック

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2009年 2月16日(月)09時52分16秒
  ありがとうございます!そして、英語落語の漫画の件ですが、絵のほうが少々遅れているらしく、まだ発売になっていません。この春には出版されるのではないかと思いますが・・・またお知らせいたします!  

聞きました!

 投稿者:イマック  投稿日:2009年 2月15日(日)18時01分56秒
  2月14日のラジオ放送、聞きました。MDに録音しましたので、これからも繰り返して聞いて勉強します。
以前、大島先生のことがコミックになるという話があったと記憶しているのですが、どうなったのでしょうか? もう発売されているのでしょうか?
 

ありがとうございます

 投稿者:3連符メール  投稿日:2008年11月 6日(木)21時15分1秒
  現在、通勤電車の中で、先生の「お菊の皿」などを拝聴しています。
下記のURLのブログを更新中です。
来年、ECCの教室に入学したのちは、「英語落語」に悪戦苦闘している記事を投稿することになりそうです。

http://drumsets.cocolog-nifty.com/

 

レンタル掲示板
/15