teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご質問_小咄の台本

 投稿者:CGです。メール  投稿日:2007年 6月23日(土)13時28分2秒
  はじめまして。大阪の文化教室で「英語落語」を学習しています。
確か昨年、「英語でしゃべらナイト」で先生が披露された小咄--姑が犬に噛まれて亡くなった--の台本(もちろん「英語」)はないでしょうか。覚えたいと思っているのですが。わかれば教えてください。
 
 

ありがとうございます

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 6月15日(金)14時00分39秒
  ありがとうございます。ユーモアは「常識からの逸脱」である、とよく定義されます。自分の中の常識の殻を打ち破ることによって、ぐっと遠くへ、上の場所へ歩き出せるのだと思います。是非、心にユーモアをもち続けて「普通できない」ような素晴らしい何かを達成してください!!  

大島先生のファンになりました!

 投稿者:千葉市民  投稿日:2007年 6月13日(水)20時08分5秒
  本日、神田昌典先生とのCDを聞かせていただきました。
ユーモアの深さを学ぶと同時に、英語落語への情熱に感服いたしました。
『普通できない!』『普通じゃ駄目だ!』という考えがず~っと巡りました。

経歴を拝見させていただくと渋幕をご卒業されてるんですね。
秀才でありながら、気取らず、面白くて、しかも美人♪

ちなみに私の家の最寄り駅は、千葉みなとです。
ん?関係ないか。。。
 

大銀座落語祭

 投稿者:東京らくごもの  投稿日:2007年 6月 5日(火)02時33分22秒
  お返事ありがとうございます。鶴笑師のドミニカ公演前の大阪での噂を聞いて、
楽しみにしていたので残念です。またの機会を楽しみにしています。
 

大銀座落語祭

 投稿者:英語落語研究会  投稿日:2007年 6月 4日(月)00時01分23秒
  大変失礼いたしました。鶴笑師匠はロンドンに在住しており、帰国して出演する予定だったのですが、どうしても帰国できないことになってしまいました。更新が遅れたことをお詫びいたします。当サイトの「お知らせ」をご覧ください。  

大銀座落語祭

 投稿者:東京らくごもの  投稿日:2007年 5月30日(水)11時41分24秒
  下のサイトで、2007年の大銀座落語祭に、笑福亭鶴笑さん出演とあるのですが、
銀座コンシェルジュや東京かわら版では、英語落語に出演する落語家は、立川志の輔師しか名前がありません。鶴笑さんの噂を聞いて、是非拝見したいのですが、出演されるのでしょうか?

http://www.english-rakugo.com/performance_ginza.html

 

感激です

 投稿者:内科医師  投稿日:2007年 5月25日(金)13時52分52秒
   憧れの大島先生にご返答いただき、感激してしまいました。
 先生は理知的で頭が良く、さらに美しくて、人に新しい世界を伝道していくのに十分な魅力をお持ちですね。
 私のクリニックで、患者さんの前でご講演をしていただけるのが夢です(勝手に想像していますが)。
 先生のご著書とDVDをアマゾンで注文しました。まずは先生の通られた軌跡と、思想を勉強しようと思います。
 私は、胃内視鏡や大腸内視鏡、超音波などを専門とする消化器内科医です。現在女性の死亡率のトップが大腸癌となり、私たちが活躍すべき時代と思っております。
 そういうタイミングに、先生の魅力的な「伝道力」というものに接することができ、さまざまなことを感得しました。その中でユーモアの力は極めて重要な位置づけにあると思いました。
 先生に出会えて本当によかったです。これからの時代に先生は必要とされる方ですので、くれぐれもお体にはお気をつけてください。そして、才気に満ちた先生のご活躍をこころからお祈りいたします。
 

うれしいです

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 5月24日(木)15時25分22秒
  お役に立てたようで、私もとてもうれしいです。医療関係の方々は、ストレスがとても多い職場にいらっしゃると聞きます。是非ユーモアのある生活で心と体の健康を維持してください。気力あふれる毎日にしたいものですね!  

大島先生のファンになりました

 投稿者:内科医師  投稿日:2007年 5月23日(水)23時28分40秒
  大島先生、神田昌典先生との対談CDを買って聞かせていただきました。本当にエキサイティングな話で、こころから感動いたしました。私は、内科医で毎日、いろいろな病気で苦しむ患者さんとの対話をしていますが、この高度に管理されたストレス社会においてユーモアのもつ可能性の大きさに気づかされました。先生が活躍されることで、世の中が活性化することは間違いないと確信します。先生、すばらしいインタビューをありがとうございました。  

英語落語、是非やってください

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 4月23日(月)15時25分32秒
  学生さんですね?英語落語、是非がんばってやってください。そして広めてください。プロの演者ばかりでなく、アマチュアの英語落語のクラブなどは、いくつもあります。みなさん、それぞれDVDを見たり、本物の落語を見に行って参考にしたり、落語家さんに教えてもらったり、と工夫しています。どうぞがんばってください。上手い、下手、よりもやることに意味があると思います!  

レンタル掲示板
/15