teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


英語落語なんとかなりました

 投稿者:人見佳子メール  投稿日:2007年11月24日(土)21時26分37秒
  大島先生、夏にシャペロンとしてウィスコンシンを訪れた際、ホストファミリーや
お友達へのおみやげに、「花嫁修業」と、小話ふたつを持っていきました!
クリスマスケーキの賞味期限と結婚適齢期のことで、ファミリーから突っ込みを入れられたり、部屋に手ぬぐいを忘れたら、「携帯忘れてるよ」と言われたり。
日本人が、ユーモアのある民族だって知ってもらえたような・・。
ご報告遅くなりましたが、本当に勉強になりました。とても異文化紹介に役立ちましたし。 ありがとうございました。 また、先生の英語落語を見るのを楽しみにしています。
 
 

小咄_その3

 投稿者:CGです  投稿日:2007年 7月30日(月)16時21分35秒
  報告です。「あの小咄」を、昨日、演じました。
一応、「犬を貸して」と「列に並んで」の部分で、笑いを取れたように思います。
スクリプトは、先生の本「世界で笑わそ」の中に見つけたので、それを使いました。
ありがとうございました。
次は9月に「大阪の文化教室の発表会」で「Mole thief」を演じます。
今度も、笑っていただけるよう、練習します。
「笑っていただける」と、私自身が楽しいですから。
 

「水10!」の英語コーナー

 投稿者:清泉女子大学の学生  投稿日:2007年 7月19日(木)00時31分15秒
  大島先生、こんばんは!
去年、清泉の「Communication SKills」の授業でお世話になった学生です。

今日、たまたま「水10!」という番組を見ていたら、英語コーナーの解説者(?)に先生の名前が出たのでビックリして、一言書きたいと思い、来ちゃいました!
「チャック」が「巾着」から来てるなんて初耳でした!他にも「ミシン」の由来とか見てておもしろかったです。来週も楽しみにしています★

今年は先生の授業が無く残念でしたが、またどこかでお会いできると良いなと思ってます!
 

大銀座落語祭、今年も行きました

 投稿者:AYA  投稿日:2007年 7月16日(月)18時37分11秒
  「大銀座落語祭」の「英語落語会」(7/15・浜離宮朝日ホール)、今年も行ってきました。
あいにくの天気(台風4号)のせいか、抽選(収容人員300人のところに1500通の応募があったとか)で当たっても来られなかった人がいたようでした。
出し物はまず大島先生の「権助魚」。原典の魚の種類を外国人でもわかるように変えていたのがおもしろかったです。次は桂あさ吉さんの「桃太郎」。こちらも原典の徳目を現代風にアレンジしていてなるほどと思いました。トリの志の輔師匠は「時そば」でしたが、話の内容はアレンジしてあったようです。(一般的なバージョンと違っていたので。)ソバをおいしそうにすする仕草はさすがでした。
最後の対談では師匠の奮闘が裏話として語られ、英語落語の経験が深いあさ吉さんにも難しいのだから、とおっしゃっていました。しかし、師匠のようなチャレンジ精神を持った方が落語界にいらっしゃるというのは、英語落語の心強い味方ではないかと思いました。
師匠はたいへんでしょうけど、また来年もやっていただきたいと思います。
 

落語の翻訳

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 7月12日(木)15時28分51秒
  落語の翻訳は、簡単ではありません。どの分野の翻訳でも同じですが、基本的に内容に関する知識や理解がないと英語ができるというだけでは、翻訳は難しいものです。プロの落語家が演じる英語落語を翻訳しているのは、おそらく私だけだと思います。でも趣味で英語落語をされる方たちは、ご自分で翻訳してアマチュアの会などをやっていますよ。ご自分の趣味としてされるのであれば、自分で翻訳にチャレンジしてみるのも楽しいと思います。  

落語の翻訳

 投稿者:ノリカ  投稿日:2007年 7月11日(水)14時11分34秒
  落語の翻訳は特殊な技能を要するのでしょうか。
一般の翻訳家でも十分対応できますか。
現在落語翻訳家として、日ー英語に直していらっしゃる
有名な方っていらっしゃるのでしょうか。
教えてください。
 

小噺の台本

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 6月27日(水)19時26分14秒
  かまわないですよ。お使いください。  

Re.小咄の台本

 投稿者:CGです  投稿日:2007年 6月27日(水)12時39分17秒
  「あの嫁・姑バトルの小噺ですね。あれは私の創作なのですが・」ということですが、使わさせていただいてもよろしいものでしょうか。実は、今度「たけのこ」の英語版をすることになっているのですが、「その前の小噺に使いたいなあ」と考えています。なお、大阪の文化教室では「Mole thief」を勉強中です。  

日本の文化

 投稿者:発生学院生  投稿日:2007年 6月27日(水)07時26分19秒
  はじめまして。現在イギリスのケンブリッジ大学で大学院生をしています落語ファンです。実は先日こちらで日本語の演劇を行い大好評を得たところです。こちらのサイトにお邪魔させていただいて、日本の落語というものも今度紹介してみたいと強く思いました!落語という独特世界が大好きです☆  

小噺の台本

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年 6月26日(火)17時33分30秒
  あの嫁・姑バトルの小噺ですね。あれは私の創作なのですが・・・、「英語落語 Rakugo in English」のDVDおよびCDに収録されています。CDにはスクリプトもついているので、その方が便利かもしれませんね。ビクターエンタテインメントから出ています。  

レンタル掲示板
/15