teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


救われる高校生

 投稿者:弟子志願者  投稿日:2008年 3月 3日(月)13時01分28秒
  朝日カルチャー教室参加しました。笑いの向こうにこのような研究がされていて、日本人の笑いとユーモアを分析していただくと、日頃思っていたことが整理されていくような気持ちになりました。とても意義深い時間でした。ありがとうございました。これをきっかけに高校の英語の授業がひとつ楽しくなるかと思うと、関係のない私までうれしくなってしまいました。どうぞ、高校の先生には、頑張って楽しい授業を展開していただきたいです。高校生なら英語の小咄等笑ってくれそうですね。先生の英語落語の講座(高座)?があればぜひ、いきたいです。入り口は英語落語・・・文化としてのユーモアの世界に入ることが出来ます。数年前 顎ががくがくしていたのですが、先生のおかげでよく笑っていたせいか、がくがくしなくなったことも「笑っていたから」ということがわかり、これからも笑顔に気をつけ、周りの人も笑わかして???気配りしていこうと思います。本当にありがとうございました。  
 

ありがとうございます

 投稿者:龍頭 美憲メール  投稿日:2008年 3月 3日(月)09時15分26秒
  お返事ありがとうございます。
みんなで笑った一日のトータルの時間が20分になるように、心がけるのですね。わかりました。早速、やってみます。
今日も先生の本の志の輔師匠との対談にあった、呪われた赤ん坊の話で爆笑しました。同僚に話して、また笑いたいと思っています。
生徒たちにもどんどん、ジョークを話して、楽しい雰囲気で授業ができるように、頑張りたいと思います。
「大島先生の弟子になりたい」と言っていた方の気持ちすごく、わかります。ありがとうございました。
 

一日二十分笑う

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2008年 3月 2日(日)20時30分25秒
  朝日カルチャーの講座にいらしていただき、ありがとうございました。一日二十分笑うという話は、ご自身の免疫力を高め病気にならないために必要とされる笑いの量のことなのです。できることなら一人ではなく、二人以上で(例えばテレビや映画を見る場合でも)笑うと、一人で笑うときよりも笑いの量は4倍ほどになりますので、その点を心がけてください。一度に20分ではなく(それではかなり疲れてしまいます)、一日のトータルで20分です。昼ごはんを食べながら同僚としゃべって3分笑った、自宅で家族と団欒して5分笑った、などの合計が20分になるように気をつけてみてください。今度、是非英語落語を見に来てくださいね。高校生でも、DVDにはいってた、まくらの小噺などであれば楽しんでできると思います。是非授業でも活用してください。  

ありがとうございました。

 投稿者:龍頭 美憲メール  投稿日:2008年 3月 1日(土)15時16分0秒
  昨日、朝日カルチャーセンターの先生の講座に参加させていただきました。参考になることが、本当にたくさんありました。私は高校で英語を教えています。先生の「おもしろい話をすることは、気配りである。つまらない話を続ける人は思いやりが足りない。」という話、心の奥深くにつきささりました。私もなんとか、せめて先生の十分の一位でも楽しく講義できるように、頑張りたいです。早速、割り箸のトレーニングと一日20分、笑うトレーニングをし、比喩のトレーニングも始めます。私、遅刻してしまったのですが、笑うトレーニングは何かコメディーなどを見ながら、するのでしょうか、それとも、何もないけれど、とにかく頬の筋肉を鍛えるために、笑顔を作り、声をだすということなのでしょうか?
DVDも最高でした。今度は先生の生の落語を是非見せていただきたいと思います。ありがとうございました。!
 

お疲れ様でした

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2008年 3月 1日(土)14時40分25秒
  朝日カルチャーセンターの講座にいらしていただき、ありがとうございました。二時間お疲れ様でした!いろいろお話しましたが、お役に立てればいいなと思います。笑顔のトレーニング、是非がんばって続けてくださいね。  

行ってきました(^^♪

 投稿者:イマックメール  投稿日:2008年 2月29日(金)19時15分59秒
  本日、大島先生の朝日カルチャー講座に行ってきました。楽しい講義で、2時間があっという間に過ぎてしまいました。(^。^)
教わった割り箸での笑いのトレーニングを家でやってみましたが、ホントに顔面筋肉が動きませんでした。大島先生はいともやすやすとやってたので、少しくらいは・・・と思っていたのですが。
1日20分の笑いが健康によいというお話も分り易くてよかったです。
 

申込みました

 投稿者:イマックメール  投稿日:2008年 2月 4日(月)00時20分44秒
  大島先生の朝日カルチャーの講座、申し込みました。楽しみにしております。♪
録音は・・・・・ダメでしょうね。
 

笑いの講座

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年12月23日(日)00時56分20秒
  一般公開している講義は少ないのですが、2008年2月29日に朝日カルチャーセンター〈新宿)で「文化としてのユーモア:笑いとコミュニケーション」という2時間の講座を担当する予定です。これは、どなたでも申し込みできます。是非どうぞ。  

受講したいです

 投稿者:イマックメール  投稿日:2007年12月21日(金)01時10分45秒
編集済
  大島先生のお笑いの講義を受けられる機会はないのでしょうか?
たとえば、大学の公開講座や市民講座や文化センターの講座などで。
 

良かったです!

 投稿者:大島希巳江  投稿日:2007年11月28日(水)15時04分4秒
  そうですか、それはよかったです!部屋に手ぬぐいを忘れて、「携帯忘れてるよ」は、なかなかユーモアのあるホストファミリーですね。きっと良い交流ができたことだと思います。是非また別の噺を次回紹介してあげてください。来年1月に、新しい本(CD付き)が出ます。新しい小噺など収録してますので、自分でやってみてくださいね!  

レンタル掲示板
/15